10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 12

スコとの好日

作画と猫のかけがえのない日常

たびラインスタンプになる 

Posted on 17:44:45

たびの日常を描いたラインスタンプを作りました。
ラインスタンプたびをはいた猫で検索してください。
販売中です。
20180726-5.jpg
英語版でも作りました 背景も透過してリニューアル
a cat put on white socks で検索してください

日々の更新はこの下をスクロールしてご覧ください
絵画  |  -- trackback  | 6 comment |  edit

△page top

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  | #

2018/07/05 01:22 * edit *

コメントをありがとうございました。

80も後半になる叔父ですが、相変わらず器用に紙細工の作品を作り続けています。
いただくどれもが、細やかな表現で、そしてどこか懐かしさ(昭和の香り)を感じさせる作品です。
先日、叔父の家に行ってきましたが、お一人暮らしとは思えないほど庭も家の中もきれいでした。庭には花が咲き揃い、家の中には手作りの作品がいくつも飾られていて、私のお手本とする叔父です。
たび君のラインスタンプ、かわいいですね。

hiougi | URL | #-

2018/07/08 04:46 * edit *

hiougiさん
そのようなお手本が傍にいらっしゃるのはすごく頼もしいですね。
私も見習いたいと思います。
健康なときはまだまだやれると妙に元気なのですが、ひとたび具合が悪くなると、もう駄目かも・・・としょげてしまうこの頃ですから。

miya | URL | #KRtt1nrc

2018/07/08 08:51 * edit *

miyaさんの仰る通り、ヒオウギは奧床しい清楚な花で私は大好きです。
昔から日本に自生しているアヤメ科の宿根草で、その花後の黒くて丸い種子をヌバタマと言い、万葉に時代から夜とか闇とか黒をイメージするものの枕詞として用いられてきました。
あかねさす日は照らせどぬばたまの夜渡る月の隠らく惜しも
(万葉集 巻第二0169 柿本人麿)
剣状の葉が重なり合って扇を広げたように見え、宮廷人が持つ檜扇に似ていることからその名が付いたようです。
連日の猛暑、ご自愛ください。

hiougi | URL | #-

2018/07/26 04:43 * edit *

hiougiさん
ぬばたまの枕詞がここからきているとは知りませんでした。
hiougiさんは本当に博学でいらっしゃいますね。
そのようなことを思いながら今日もう一度拝見させていただきます
種子も見てみたいものです。

miya | URL | #KRtt1nrc

2018/07/26 08:37 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  | #

2018/09/05 09:18 * edit *

△page top

Secret

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター